取材漫画記事 漫画・ライティング

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

動画イラスト制作が主な役割だったのですが、サイト協力業者様の紹介記事も1本任せていただけることに。
取材から構成、漫画制作、ライティングまで記事1本丸ごと制作しました。

ポイント

資料だけで制作する場合もございますが、自分の目と足で取材ができる場合は積極的に行なっております。

またこの案件のように漫画家本人がレポートする漫画や、漫画と文章を組み合わせた記事の執筆も可能ですのでぜひご相談くださいませ。

お客様の声

ラフをお見せした時点で取材先の方より「素晴らしいデザインで私を始め従業員一同テンションが上がっております!!」とお言葉をいただきました。

取材・撮影・漫画制作・ライティング/百万友輝


JAPAN BONSAI HP

盆栽解説用イラスト

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

この他にわかりやすく盆栽を紹介するアニメーション動画記事制作も行っております。

ポイント

どのような樹の種類や形を掲載するかは百万が考えラフを描きましたが、実際の本制作は同じく盆栽が趣味のイラストレーターさんにお願いをしました。

盆栽漫画家である私自身が描きたい思いもありましたが、サイトの目的やテイストを考えるとより実力のある方にお任せした方がいいという判断です。
(そして出来上がりを見て私が描かなくてよかったと思いました笑)

百漫画では漫画家の他にもイラストレーターのパートナーもおりますので、案件によって適切にご協力をお願いしております。

ディレクション/百万友輝 イラスト/白鳥みちこ


JAPAN BONSAI HP

アニメーション動画企画・イラスト

経緯

株式会社東京盆栽倶楽部様よりお声がけいただき、盆栽WEBメディア『JAPAN BONSAI』の立ち上げメンバーとして関わらせていただきました。

この他に盆栽の解説用イラスト記事制作も行っております。

ポイント

元々「BONSAIを紹介するサイトと言えばここ」と言えるようなものを作ろうというサイトの主旨があり、そのためにはまずこれを見てもらえればBONSAIが一体どんなもんであるかがわかるようなアニメーション動画があるといいよね、という話に。

盆栽の定義を簡潔にわかりやすく伝えるということで、動画の構成から盆栽漫画家である私が考えさせていただきました。

制作会社からのホワイトボードアニメーションにしようという提案の元、外国の人も多く見るであろうことを踏まえ、シンプルな絵柄で制作を行いました。

構成・素材イラスト制作/百万友輝


JAPAN BONSAI HP

似顔絵キャラクターイラスト

経緯

以前別の個人事業の方に描いた同種のイラストを見てのご依頼。
ご自身を売り物にしている士業や講師業、カウンセラーやトレーナーの方には、似顔絵キャラクターは非常に好評です。

ブログ記事内に挿入するイラストとして依頼いただきました。

ポイント

このように表情集のようなイラストを制作する場合、ご相談が多くあいづちの仕草をよく使う、指導が多くいろんなことを説明する、力説して説得力を感じさせるなど、人によってよく使う動作は違います。

まず普段どのような発信をしているかSNSやブログを拝見し、使いやすいパターンを考えご提案を行いました。


イラスト/百万友輝

似顔絵キャラクターイラスト

経緯

『販促の大学』というWEBメディアの案件でいつもお世話になっている地域新聞社様から、同社スタッフの似顔絵イラストをご依頼いただきました。

ポイント

正直に申し上げると似顔絵の専門家ではないので「誰でもそっくりに!」とはいきませんが、200人以上の実績があり漫画キャラクターとして成立させることが得意です。

通常似顔絵イラストのみのご依頼は承っておりませんが、実在の人物をキャラクターとして登場させるなどの漫画制作も多数行なっておりますのでご相談くださいませ。

イラスト/百万友輝


株式会社地域新聞社 HP

特許製法のど飴 開発秘話漫画

経緯

自社製品である特許製法ののど飴が、ある状況において有効であることをアピールしたい。
けれど薬事法などにより明言はできないというところで、漫画という手段に着目され、ご相談をいただきました。

遠隔地のお客さまだったため終始メールでのやり取りで対応。
資料や伝えたい想いをしっかりとご用意してくださったので、スムーズに進めることができました。

制作した漫画はサイト内に掲載、印刷してのお得意様への配布も行なったそうです。

ポイント

例え漫画にしようとも、広告である以上効果・効能の表記には最新の注意を払う必要があることは変わりません。
その点、広告代理店出身であるという立場で制作を行えるのが百漫画の強みです。

開発秘話の形を取りつつ、どんな場面で役に立つのかを具体的に感じていただけるようストーリーを考えました。

このときのジェイファーム様とのやり取りを、『販促の大学』にて記事にしております。
どのように制作を行なっているかという流れを書いた記事となっておりますので、ぜひご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓
販促の大学
漫画制作の裏側!広告漫画ができるまで

お客様の声

「「分かりやすい」、「面白い」、「社長そっくり」など好評で、中には「DEFENSELINEのど飴ってよく分からない商品だったけど、漫画を読んで理解できた」とおっしゃる方もいました。

今後も販促ツールとしてどんどん活用させて頂きたいと思います。
良いものを作っていただき、ありがとうございました。」

漫画制作/百万友輝


株式会社ジェイ・ファーム HP

盆栽展示会イベント紹介・告知漫画

経緯

私自身の趣味が盆栽ということもあり盆栽漫画家を名乗っていたところ、同イベントの運営の方からお声がけいただきました。
毎年同時期に開催しておりポスターやDMなど基本的な販促物は揃っている状況で、もっと若い層や通常の方法で情報が届きにくい層へ来場のきっかけを新たな形で提供したいというのが狙いです。

SNSでの利用がメインになると考え、一度の投稿で全てがカバーできるよう4ページでまとめることに。

翌年も引き続き告知などに利用していただき、秋雅展のパンフレットにも掲載されました。

ポイント

ナビゲーターとなるキャラクターを作ることで、イラストでの展開もしやすいと思いキャラクターデザインから入りました。
とてもかわいくできたと思ってます。

ターゲットを「盆栽を始めてはみたけどまだ展示会へは足を運んだことのない初心者」と具体的に決めたことで、アピールポイントなど明確にまとめ上げることができました。

お客様の声

「もっと盆栽を知りたい、楽しみたい」と思う人に秋雅展を知っていただきたく、そういう人にピッタリの漫画を作ってくださいました。
盆栽好きの人たちが共感する内容の漫画で、キャラクターも愛らしくとても満足しています。
作品は今回はSNSやHPで公開し、データの微調整なども素早くご対応くださいました。
イベントキャラクターとしてグッズ展開やパンフレットへの登場も画策しています。」

漫画制作/百万友輝


日本小品盆栽組合 HP

共済メルマガ内コンテンツ 4コマ漫画

経緯

メルマガのコンテンツとして、共済制度の内容を紹介する漫画のご依頼。

隙間時間でさらっと読めてわかりやすい4コマに企画がまとまるも、連載でやるならキャラやストーリーも動かしていきたいと考え、横長のコマを提案。
起承転結の基本を抑えつつ、1話あたりのボリュームを確保しました。

マンネリ化を防ぐために主人公の交代などを行いながら、シリーズとして3年間続いています。

ポイント

複雑なストーリーを描けない4コマでは、キャラそのものがストーリーを引っ張ります。
個性があって愛されるキャラ作りを目指しました。

漫画では保障の内容を知らしめるに留め、詳細情報へはすぐ後のリンクでホームページへ誘導する形に。

お客様の声

「メルマガ内で漫画だけが悪目立ちしないか少々不安でしたが、絵柄もキャラもちょうどよく楽しく拝見しています。」

ホームページで利用する素材なども合わせて制作

企画・漫画制作/百万友輝


株式会社MCEAホールディングス PE共済会 HP

メルマガ登録漫画LP(ランディングページ)

経緯

「メルマガのランディングページに漫画を使いたい」というご相談を頂き、制作いたしました。

ただ漫画を差し込むのではなく、最初から終わりまでページ全てが繋がっている必要があると考え、ページの全体構成からご提案。
と同時にクライアントのWEBサイトはもちろん、このランディングページによって展開されるメルマガを全て読み込み、ストーリーを考えていきました。

ポイント

通常メルマガは登録者が多ければ多いほど良いため手軽さなどをアピールすることが有効ですが、実際のメルマガを拝読し、逆に『ハードルの高さ』を盛り込むことを提案。
クライアントの真摯さや効果に自信があることをアピールしつつ、本気で取り組んでもらえる人に響くような漫画を制作いたしました。

作画においては、自分に自信がない、モテない男性が彼女作りに励むというストーリー上、主人公を「冴えない顔」友人を「ブサメン」設定にしましたが、気持ち悪さを感じさせるようなリアルなブサイクだと漫画として読む気が失せるという難しさもあるため「愛せるブサメン」を心がけました。

最後に仕上げとしてTOP画像もデザイン、制作。

このように、漫画の制作に必要なことは企画提案もすべて行っております。
「漫画を使いたいけど、どうしていいかわからない」という場合にこそ、ぜひお声がけ頂ければと思います。

お客様の声

「漫画の力を改めて感じることができました。予想以上の登録数でスタートダッシュができて満足です。」

サイト監修・漫画制作/百万友輝


株式会社やってみる HP

販促WEBメディア 記事アイキャッチ漫画

経緯

集客や販促の情報を発信するWEBメディアに、記事を目立たせるためのアイキャッチ画像をつけたいと考えていたときに、たまたま広告代理店出身の百万と出会いご依頼いただきました。

説明的なイラスト画像より、記事を読むフックとなるような、内容に繋がる漫画で表現した方がおもしろいと提案。

サイトのオープン時から今も継続して3年以上お仕事させていただいております。

ポイント

読む前に「内容が硬そう」「難しそう」と思われないよう、絵柄や色の印象を考え絵柄を設定。

制作は元の記事原稿をそのままいただき、あとはお任せいただくスタイル。
内容に関連させつつ漫画としてのおもしろさ優先で、毎回楽しく頭を捻っています。

漫画制作/百万友輝


こちらの案件はより詳しく「制作ストーリー」を紹介しています。
ぜひご覧くださいませ。


販促の大学 HP